わからないことばかりの打合せを重ねていく時の対処方法

積水ハウスシャーウッドとの家づくりが始まると、間取りを決めたり住宅設備を決めたり、本当の意味での打合せをどんどん重ねていきます。

その打ち合わせの会話の中で出てくる家づくりの専門用語は、ほとんどの家族にとって初めてのことだと思います。

間取りのことや設備関係のこと、シャーウッド構造の詳しい内容や家事動線など、どれを聞いても専門的なことで、わからないことばかり…。

実はこの時期が家づくりをする家族にとって、最も大変であり、最も重要な段階だなのです。

家づくりで最も失敗してしまうことは、この段階で積水ハウスシャーウッドの設計や営業担当者に言われるままに進めてしまうこと、任せてしまうことです。

仮に任せてしまっても積水ハウスなので、できあがりに大きな不満はないと思いますが、もし私がはっきりと打ち合わせの中で物事が言えれば、もっと満足いく家が建てれることは間違いありません。

そんな時は、「素人だから教えて下さい。」とはっきり相手に伝え、少しでも気になった事は聞くことが一番いい方法です。

思っていた程、こうした方がいいなどの家づくりのアドバイスがない状況で、間取りなどの重要事項をどんどん決めて進める事もあります。

そこは、大手ハウスメーカーだからと安心するのではなく、すべてを任せっきりにせず、疑問に思ったことや本当にこれでいいのかと感じたことを直接相手にぶつけてみてください。

恥ずかしがることなんてありません!
設計図のやり直しは何回でも仕切り直しがききますから…。

気にせずに設計担当者に何度でも何度でも図面を描かせましょう。


>積水ハウスだけじゃない…一般的な軽量鉄骨造の最大の弱点とは…