積水ハウスシャーウッドの担当営業マンの人柄で大幅な値引きが実現できる

家づくりでは値段(価格)の下げやすい間取りがあります。
実はそういう価格の下げやすい間取りにすることで、積水ハウスシャーウッドの家を大幅に値引きが実現できる場合があります。

例えば、今から注文住宅で建てようとする積水ハウスシャーウッドの間取りについては、ある建売り住宅の間取りとまったく同じで設計したり、間取りを総2階のシンプルな形にしたりすると、面積と構造計算の関係で安くなる場合があります。

また、国家公務員だとKKR(国家公務員共済組合連合会)の割引特典があり、この特典割引があれば、交渉をしなくても5%もの割引が実現できちゃいます。

このように積水ハウスシャーウッドの値引きには、さまざまなやり方がありますが、その中でも意外と重要なウエイトを占めるのが、営業担当者がどういう人柄なのかといった一面が大いにあります。

値引きできる条件がどのような条件なのかにもよりますが、5%や8%の割引というのはよく聞きます。
しかし、営業してくれる担当営業マンによっては、決算時期などのタイミングをうまく使えば1割引き…というケースも夢ではありません。

一方でタマホームなどのような建売住宅の価格は、交渉などしなくても「売れていないだけ」で自然に約2割引とかいう値引きが実現することもあります。

実は、住宅業界そのものがそういう業界なのかもしれませんが、大きな買い物をするわけですから、値引き交渉しないと損になることは間違いありません。


>平屋建て坪単価のカラクリを暴く