平屋建て坪単価のカラクリを暴く

子供がいない夫婦は、新築一戸建て2階建てよりも平屋建てを検討することが多いものです。

理由は何となくわかりますが、賃貸にいつまでも住み続けることは、自分たちの資産にならないという意識があるようです。

やはり、家賃の支払いはどうしても支払い捨てのイメージが拭えない…
このことが事実としてあります。

賃貸だと、借り暮らしという印象がどうしても強く残るからです。

子供がいれば子供部屋の数もいるので、2階建てにする必要があるかもしれませんが、子供がいなければ2階建てにする必要もありません。

それに平屋建てだと間取りがフラットなので、移動しやすい。
しかも年をとると非常に過ごしやすい間取りになりのが、やはり平屋です。

また、平屋建ての坪単価は高い…
そういうイメージがあるのも特徴です。

しかし坪単価の使われ方は、なにも平屋建てに限ったことではありません。
新築するときには、2階建てや3階建てを検討する時にも坪単価は使われます。

坪単価だけ見ると、平屋建てよりも2階建てや3階建ての方が坪単価は安くすみますが、実はそこには数字のマジックがあり、総額で見ると平屋建ての方がグンと安くなります。

それが平屋建て坪単価のマジックでありカラクリです。

情報に振り回されず、現実をよく見ることでそのカラクリがわかってきますよ。


<積水ハウスシャーウッドの間取りづくりでみなさんにチョッと自慢したいこと