家を購入したい…そんな思いを実現するためのハウスメーカー建築会社選び

消費税が10%になる時期が2017年4月だということは、ほぼ確定しています。

今の消費税8%に上がる前の住宅購入の駆け込み需要が、いったんは下火に落ち着いてきているのは確かですが、消費税10%が上がる前までになんとか家を購入したい、建てたい…

そんな家づくり世代の活気は、今後もずっと続いていくと思います。

家を購入したり建てるきっかけは人それぞれですが、消費税のような特別な要因を除くと、やはり「将来は一戸建てに住みたい…」そんな思いが一番だと思います。

では。その思いを実現するための建築会社は、どのように選ぶべきなでしょう…。

まずは、数あるハウスメーカーや工務店の中から、ここはという数社から見積もりを取ることをおすすめします。

多すぎると混乱しますから、ここは数社に絞り込みましょう。

3,4社が妥当だと思います。

その時に重要なことは、どの業者にも家づくりの条件は同じ条件を伝えること…です。

すべて同じ条件で見積もることが大切です。

その上で比較検討するのです。

提示された見積もり内容は、よく精査しましょう。

見積もりの内容は、ちゃんと内訳を示してくれるハウスメーカーならいいですが、「一式」で計上されているような、具体的に何が含まれているのかわからないものは、確認が必要です。

一式で計上されているものは、後で追加料金が発生したりすることがほとんどです。
慎重に確認していきましょう。


住宅購入の最後の決断はハウスメーカー営業担当者で決めるって、ホント?