住宅購入の最後の決断はハウスメーカー営業担当者で決めるって、ホント?

一生に一度の一戸建ての家づくりは見積もりの結果でハウスメーカーを決める…
そう考える方もいるかもしれません。

しかし、それは間違いです。

決してそうではないのが家づくりです。

家づくりのためのハウスメーカーを選ぶ際に重視したいこととして、ある調査によると実は最も影響のあるものは「営業担当者の対応能力」だという報告があることをご存知でしょうか。

家づくりの参考になる経験談とかコメントには、最終的にどのようにしてハウスメーカーを決めたか…
という質問の提起をよく目にしますが、「最終的には担当者への信頼感で住宅購入を決めた…」という結果を良く耳にします。

もしあなたが営業担当者の言うコメントを聞いて、本当にお客さんのことを考えてもらっているかそうでないかの判断ができたら…

と、考えたことはありませんか?

そこで、営業担当者が堂々と言うフレーズの中で、その良し悪しが判断できるコメントを紹介したいと思います。

本気でお客さんのことを思ってくれているのかを、判断してみてください。

まずは 良いハウスメーカーの営業担当者の例です。

○返済出来る住宅ローンの金額で話をしてくれる営業担当者は…『○』。
○一戸建ての間取りや住まいのプランなどの希望を聞いた上で、土地探しをしてくれる営業担当者は…『○』

では、悪いハウスメーカーの営業端担当者の例とすれば…

○要望通りのプランを何のアドバイスもなく出してくれる営業担当者は…『×』
○要望を全て叶えてくれる営業担当者は…『×』
○住宅建築価格の値引きを素直にしてくれる営業端担当者は…『×』


住宅ローンのアドバイスを最初にしてもらえハウスメーカーの営業担当者は当たりです!