積水ハウスの新築一戸建ては値引きしない!と営業マンから言われたら…

積水ハウスの新築一戸建てを値引き出来る立場だからと言って、その営業担当者がお客さんにとってその人が本当にいい担当者だとは限りません。

例えば、『建売販売の物件を値引きするから、早い決断をお待ちしています。』とか、『今ならこれくらい値引きできます。』とか…

こんなことをもし言われたら、どんな人でも勘違いしてしまいますよね。

「ひょっとして積水ハウスが安く買えるかも…、お得かも…」

でも、実際はそう甘くありません。

どのハウスメーカーでも言えることですが、いい営業マンと悪い営業マンが必ずいます。

新築建売りの販売を目標に掲げ、売り手側から値引き額を切り出してくる営業マンがいれば、親身になって飼い主の将来計画までアドバイスしてくれる、値引きにはなかなか応じてくれない営業マンもいます。

どちらがいい営業マンなのか。

間違いなく後者の方がいい営業マンです。

お客さんにとって、値引きをしてくれるのはありがたいことですが、相手から値引き提案をされると、理由もなくそれだけ値引きできる家だったのでは…

そう思わざるを得ません。

その額が大きければ大きいほど、あなたの大切なお金は営業成績のための家づくりとして、無駄に取られていただけかも知れないのです。

そんな営業担当者を信用することはお勧めできません。

後で必ず追加工事などに上乗せされる危険性があります。

ではどんな積水ハウスの営業担当者が理想なのか…

私の経験上、見積もりを提示するまで積水ハウスの新築戸建て値引きしません…

そんなふうに言える営業担当者が、本当に信頼できる営業マンだと思うのです。


積水ハウスに住んで思うこと、新しい家の形を考える