冬場のさむ~い季節に発生する結露対策

冬場のさむ~い季節もの朝に発生する嫌~なもの…

それは窓の結露です。

どんなハウスメーカーの窓でも、そういう季節には必ず窓には水滴が…。

経験ありますよね。

我が家が建てた一戸建て積水ハウスシャーウッドも例外じゃない!

複層ガラスなのに、寒い朝に窓の下を除くと…。

水滴が付いているではありませんか。

結露です。



特に石油ヒーターやガスヒーターを使用した翌朝の寒い朝は結露の発生確立が高いですね~。

大手ハウスメーカーの複層ガラスだからとか、有名な窓サッシメーカーの窓だから結露しない…

なんてことは絶対にありません。

結露は必ずどの家にも起こりますから…

諦めましょう。

ただし、少しでも結露を少なくしたり、結露が起きにくくさせるように対策を施すことはできます。

その結露対策の幾つかをご紹介しますね。

その前に、そもそも「結露」とは…

暖かく湿った空気が冷やされて、空気中の水蒸気が水滴になってしまうこと。

よく冷たい水を注ぐとコップの外側が曇って水滴が付きますよね。

これも結露の一例です。

同じように、外の気温が低いのに、暖房によって室内だけが暖かくなり、しかも湿度が高い…

そうなると冷たい外気に影響されやすい部分、例えば壁や窓の内側に水滴がびっしり付いてしまいます。

窓が結露しやすい一番の理由は、家の中でも特に冷たくなりやすい場所だから。

新築の家とか新築マンションも同じこと。

でも、新築だからこそ窓に結露が付いていたら、ほんとがっかりしちゃいます…。