ローコスト住宅から家づくりで何が大事かを学ぶ

新聞雑誌とかに載っているローコスト住宅って、本当に安いですよね。

何となく「危ない家なんだろうな…」とは感じてしまいますが、でもやはり安さに惹かれて手が伸びてしまいます。

実は家を建てる費用というのは、そこまで変わりません。

ではなぜ、大手ハウスメーカーのような家と新聞雑誌とかで見る家が、こんなにも大きく違うのかというと、そこにはお金の掛け方に違いがあるのです。

つまり、無駄なお金が多いということ。

家を建てるときの無駄なお金とは、ハウスメーカーの利益として取られてしまっている不必要なお金のことです。



これがもったいないお金なのです。

いい大工さんにしっかりとした仕事をしてもらい、不必要なお金を支払わなければ、間違いなく常識的な価格で家が建ちます。

家造りはこれが理想なのです。

大手ハウスメーカーは結局下請けに仕事を発注します。

実はその下請け費用が無駄。

私たちはその無駄な費用を、積水ハウスシャーウッドのような大手ハウスメーカーに支払うことに…。

積水ハウスシャーウッドの場合、積和建設です。

それなら積和建設に直接お願いした方が安くなるに決まっていますよね。

建売も余分なお金を仲介会社に支払うことになります。

大手ハウスメーカーが新聞のチラシに出しているローコスト住宅は、手数料を多く払うために、材料費をケチっているようなもの…。

家づくりで一番大事なのものとは、良い工務店・良い大工さんに出会うこと…。

それがローコストな家づくりに一番求められるものだと思います。