これだけで家を建てる費用が数百万円も抑えられる方法とは…

家の費用を抑えられる方法があります。

こうすれば簡単に、そして必ず新築の家の建築費を抑えることができる…

そんな方法です。

もちろんその方法は、積水ハウスシャーウッドや大和ハウス、住友林業などにも適応が可能で、誰でも簡単に建築費用を劇的に抑えることができるます。



ポイントは「納得」できるかどうかです。

安い家でもいいや…って納得することじゃありません。

安い家は当然ながら永くは住めません。

欠陥がある家のことを安い家といいます。

高額な資金を投入して、積水ハウスシャーウッドのような高い家を買ってダメだった場合…。

それは絶対に納得できませんよね。

よく耳にする「家を建てるのに失敗した!」とか「もっといい家に住みたかった!」とかいうケースの殆どが、実はこれが原因なんです。

家の費用を抑えるコツは、抑えても住みやすさや耐久性に影響が出ない部分の費用を抑えることです。

家そのものの値段から考えていくと、家はそこまで値段を下げられませんよね。

材料費や構造の価格を抑えると、家の寿命は短くなってしまうことも…。

良いハウスメーカー・工務店であれば、家を建てるのにどの部分を重要視するか、いろいろ提案してくれるところもあります。

では、どうすれば家を建てる費用を抑えられるのでしょうか。

例えば、家の規模を抑えることです。

家の建坪を抑え、家の大きさを小さくすれば、簡単に200~300万円の費用のコスト縮減ができます。

また、最近人気の2階にトイレがあるという構造を止めれば、これだけで数十万安くできます。

さらに、家の形を四角くすれば家が安く出来上がります。

複雑な構造の家に比べてコーナーの数が少ないので、壁の数も少なくてすみます。

極めつけは「庭」を砂利にする方法です。

家を建てる費用は家だけじゃありません。

「庭」造りも必要です。

でもこの庭の費用って結構するんですよね。

駐車場にコンクリートを流したり、ウッドデッキなんかつけてしまうと、庭の工事費は跳ね上がっちゃいます。

庭の基礎的な諸経費だけで軽く100万円前後かかってしまいます。

ここで提案。

庭は思い切って庭は砂利のままにしてみましょう。

家を建ててた後に、少しずつ作っていけば良いんです。

それだけで100万円は浮くと思いますよ。