注文住宅の価格を驚くほど安く抑えられる方法

注文住宅で家を建てると、一番大きな問題にぶち当たります。

それは、どうしても建築費用の全体金額が膨らんでしまうことです。

家づくりで間取りをハウスメーカーの担当者と決めていくのは本当にワクワクします。

が一方で、それに乗じてどんどん建築費用が膨らんじゃうんですよね。

これって我が家の積水ハウスシャーウッドも同じでした。

費用が嵩む原因、それは間取りを変更することで標準仕様から外れること。

設備仕様(グレード)がどうしても高くなったり、いろいろ、施工手間が増えるわけです。



つまり、標準仕様から外れて規格外の工事をする箇所が多くなってしうことから、当然、家づくりのコストが高くなっちゃう。

それが一番の理由です。

積水ハウスシャーウッドで建てる注文住宅も同じ。

家を注文住宅で建てる場合は、なかなかコストダウンできませんし、見積もりが予算オーバーしてもあきらめるしかないのでしょうか。

いいえそれは違います。

実は家づくりで何を優先したいか…

を考えて家づくりをすれば、思った以上に注文住宅を安く建てることができるんです。

例えば、間取りを材料や工事手間のかからないプランに変更すれば、驚くほど家づくりのコストを安く抑えることができます。

家の形をできるだけ正方形にすれば、材料が無駄なく工事の手間も減り、結果として全体のコストダウンが実現できるんですよ。

また、外壁材や設備仕様についても、どうしても譲れない仕様以外はグレードを落としたりすることで、注文住宅のコストを劇的に抑えることができます。

我が家は、積水ハウスシャーウッドの間取りを動きやすい動線に配慮して間取りづくりをしました。

洗濯や炊事、料理がやりやすい間取りです。

その代わり、凹凸のない間取りにして長方形の家づくりにしました。

このおかげで驚くほどコストを安く抑えることができたのです。

おそらく施工の手間がかなり減ったんでしょう。

ラッキーでした。

より満足できる家づくりの工夫を、営業担当者と一緒に考えてみてください。

「うれしい値引き」以上の価値のある解決策がみつかる…かもです。