家を選ぶなら積水ハウスシャーウッドのメンテナンス制度を見てから…

積水ハウスのシャーウッドの外壁材がほぼノーメンテナンスってこと知ってますか?

家づくりに重要なこと、それはライフサイクルコストがどれだけ安いか…で決まります。

積水ハウス外壁や瓦については、20年程度の保証とほぼ同じ。

外壁材の塗装塗替えなど、ほぼメンテナンスに用いる費用は必要ありません。

シャーウッドの外壁材にはほぼ発生しませんが…、外壁材が緑色になってコケ類が外壁材の繁殖している家をよく見かけます。

でも品質にはなんの問題もなく、外壁材の劣化が生じているわけじゃない。



逆に高圧洗浄機などで外壁材を綺麗にするのはやめて方が良さそうです。

かえって塗装がはげてしまいますから…。

環境によっては外壁材も15年後前後で塗装がはげてしまうケースも有るようですが、明らかに他のハウスメーカーの外壁材より積水ハウスの外壁材は寿命は長い方だと考えて間違いありません。

また、新築して10年がすぎると10年保証で点検を受けることになります。

拒否すると保証が無効になってしまいますから、この点検はしっかりと受けておきましょう。

その際に外壁材の状況を点検してもらえます。

我が家のシャーウッドの点検結果では、外壁材にはなんに問題も生じていませんでした。

また、構造躯体(屋根、壁、床、基礎等)、防水に関しては新築保証は20年です。

ちなみに、バルコニーや付帯設備は2年の保証です。

防水機能が低下しやすい場所なので、仕方ありませんね。

ただし、ユートラスシステムっていう再保証制度が、積水ハウスにはありますから、再度、20年保証終了後に延長したい場合は有償の点検を受ければ、保証期間を延長しもらえます。

このようなシステム制度は、他のどこのハウスメーカーにもありませんから…。

我が家は木造シャーウッドに暮らして10年目を迎えました。

積水ハウスでしか暮らしたことがないので、他のハウスメーカーのメンテナンス情報はよくわかりません。

でも、地元工務店で建てられた方などの話を聞くと、10年〜15年で外壁塗装や屋根補修をしている話を良く聞きます。

ランニングコストで考えれば、実は積水ハウスシャーウッドの家の方が安くなるこことがわかるでしょうか。

先のことを考えて家づくりすることこそ、とても重要な要素なのです。