家を建てるなら子どもの学費は学資保険を活用しよう

お金がないけで、どうしても家がほしい!

そんな家庭はやはり多いもの。

でも気をつけてください。

単に安いから、欲しいからで家を選ぶと、あとでとんでもないことになりかねません。

なぜなら、せっかくの一戸建てで子供が悲劇に遭うこともあります。

悲劇あう一番の原因は子どもの学費。



子どもはどんどん成長して大きくなります。

幼稚園から大学までの19年間にかかる教育費をまとめてみると、とんでもない額です。

最もコストが低いのが、すべて公立学校に進学するケースですが、それでも約1,000万円かかります。

すべて私立に進学するケースでも、理系の大学なら、約2,500万円。

まだ子どもが小さいからと言って、将来計画も建てずに一戸建てを購入したり、建てたりすることはとっても危険です。

学費も子供の進路よって大幅に変わってきます。

だからこそ、資金はできるだけ早く準備を始めることが大切なのです。

家を建てる前に、教育費を計画的に積立てること。

これが非常に重要。

そのため必要なこと、それは預貯金だけでなく、学資保険を活用することなのです。

これが最も効果的です。