住友林業のビッグフレーム構法と積水ハウスシャーウッドの構法は普通の家と比べて何が魅力的なのか

住友林業のビッグフレーム構法ってご存知ですか?

今、このビッグフレーム構法と言われる家造りが結構人気なんです。

そもそも住友林業の看板商品ビッグフレーム構法(BF構法)は、発売から12年目を迎えるそう新しくはない構法。

なのに人気が高い。



最近の大規模地震の影響からか、その理由は、鉄骨住宅をも凌ぐ強い構造だと言われています。

『ビッグフレーム構法(BF構法)』で使われる柱や梁などは「ビッグコラム」という住友林業独自の大断面集成材。

断面の幅がなんと560mmもある大きな大断面集成材なのです。

積水ハウスシャーウッドは同じ木造軸組工法のハウスメーカーですが、シャーウッドでさえこれほど大きく太い部材を構造躯体に使うことはありません。

数あるハウスメーカーのなかでも、住友林業だけ。

『ビッグフレーム構法(BF構法)』の最大の特徴は、優れた耐震性と柔軟な設計性を実現できること。

積水ハウスシャーウッド構法と比較して、金属性のジョイント部材を用いて構造躯体をつなぎ合わせる手法や、大きな部材を使用する軸組工法を進化させた工法、という共通点がありますが、違いはシャーウッドよりも更に太く大きな大断面集成柱を使用していることです。

完全に乾燥させたラミナと呼ばれる板材を、特殊な接着溶剤を使い何重にも貼り重ね合わせ製造することで、実に高い強度と寸法安定性があります。

これは積水ハウスシャーウッドとほぼ同じです。

反り、割れ、歪み、狂いといった木材特有の自然変形が極めて少なくなります。

太い大きな主要な構造に使用することで何が出来るのかというと、高い強度や耐震性、耐久性を十分に確保しながら、大開口や大空間、特に吹き抜けができる、これが最大の特徴です。

それに大きな窓といった設計自由度の高い家ができます。

だから間取りづくりも自由度が向上するわけで、住友林業や積水ハウスシャーウッドで建てた家は普通の家とは違った、魅力的な家が多いのは、これが一番の理由なのです。