いま、魅力的な住宅ローンが次々登場していることを知っていますか?

最近、魅力的な住宅ローンが次々と登場しています。

そこで、マンションや一戸建ての購入を考えいてる方々に、これから是非知っておいていただきたい、イマドキの最新住宅ローンをお話します。



ARUHI(ある日)、一家の大黒柱が失業したら、どうしますか。

住宅ローンを払いたくても仕事の収入がない。

そんな自体になったらとても困りますよね。

モーゲージバンク(住宅ローン専門金融機関)の一つARUHIは、急に失業した際、保険金で住宅ローン返済できます。

「失業保障特約」を用意しているARUHIは、今後、仕事がクビになる可能性が高い場合は外せません。

さらに今、自然災害が多いですよね。

どこでどんな災害が発生するのか、本当にわからないし、不安になります。

三井住友銀行の住宅ローンには、災害に見舞われたときに備えて自然災害時返済一部免除特約を付けられます。

これって安心ですよね。

特に川沿いに家を建てよう考えている方々、土地が低くて大雨で床上床下浸水などが起こりやすい場所に住もうとしているなら、要チェックです。

家を建てると、どうしても家具などの出費が嵩むもの。

イオン銀行ではイオングループでの買い物が5年間5%割引になる特典が付いてます。

いろいろ紹介しましたが、なかでも特に注目したいのがフラット35です。

まず、【フラット35】子育て支援型」、「【フラット35】地域活性化型」ができます。

若い人で子育てする人が限定ですが、当初5年間の住宅ローン金利を0.25%引き下げてもらえるんですよ。

0.25%ですよ!

これは魅力的ですよね。

さらに、さらに、注目したい住宅ローンがあります。

「アシューマブル(債務継承型)ローン」です。

この住宅ローンは、フラット35で買った住宅を売却する際、売り主は、返済中のフラット35を、同じ条件で買い主に引き継ぐことができるというもの。

家を売るときに住宅ローンごと家を売却できるイメージ。

例えば、仮に住宅売却金額が3000万円で、売り主のローン残高が2000万円だとしますよね。

この場合、差額の1000万円を購入者が売り主に支払います。

その後、購入者はフラット35をそのままの金利で引き継ぎ、2000万円を返済していけばいいんです。

対象となる住宅が「長期優良住宅」であることが条件ですが、あまり問題視する必要はありません。

こういう住宅ローンなら、35年の住宅ローンを組んでも不安じゃないし、家を売りに出すときにとても便利です。

いかかでしたか。

住宅ローンにこういった付加価値があれば、これから、家を売りたい、マンションを売りたい、なんて時に絶対に有利な立場でいられます。

絶対に検討したい住宅ローンです。