ローコスト住宅を成功させるために必要な重要なポイント

最近、一戸建ての家を建てる場合はローコスト住宅が一つのキーワードとなりつつあります。

いま、とっても需要が増えているんですよね。

家づくりを考えている人にとって、その年令は主に40歳前後。

この世代の特徴といえば、同じ住むにしても生活の質にこだわりを持っている人が多い。

積水ハウスシャーウッドもいい家ですが、ですが、コスト面ではどうしても割高になってしまいます。


生活の質を求めるなら金をかけて積水ハウスシャーウッドを家を建てることも出来ますが、ローコスト住宅にこだわって住まいが作れるのであれば、それも一つの選択です。

実際に家購入を考えるなら、マンションか一戸建てかで迷う人が多いはず。

一戸建てを考える人にとって、土地の購入は最大の難関。

土地購入下からので建物購入となりますから。

そうなると建物にかけられる予算って、一般に1500万円以内。

仮に一戸建ての延床面積を35坪とするなら、坪単価は40万円位です。

積水ハウスシャーウッドの坪単価60万円位と比較すると、やっぱりローコスト住宅となることは必至なのです。

では、ローコスト住宅を選ぶ際にとっても重要なことって、何だがわかいますか?

ローコストな家を計画をするにあたって、どんなことに気をつければいいのでしょう。

実は、そこには注意すべき15個のポイント、ローコスト住宅の成功への道があるんですよ。

ローコスト住宅を成功させるための15ポイント

1.平面外形は正方形、長方形、L型

2.間仕切りは1m単位

3.和室の広さは6帖

4.間口・奥行比率は間口1に対し、奥行は1.5

5.吹き抜けは6㎡mまでを目安。

6.屋根の形は切妻か寄棟が基本

7.屋根勾配は10分の4

8.屋根の軒の出は60cm以内

9.居室の天井高は2m40cmまで

10.床高さは洋室床を基準に揃える

11.階段は13段か14段

12.各室のドアは片開きドア1カ所だけ。

13.浴室は1616タイプユニットバス

14.床は根太を無くし、構造用合板(厚24~28mm)貼り

15.各室区画の最大スパンは4m以下

以上がローコスト住宅を成功させるための15ポイント。

黄金の15ポイントとでも言うべきものです。

さらに言えば、照明・電気コンセントの数や住宅設備機器のグレード、内装外装の仕上げなど、様々な材料をどう選択するかについても、コストを抑えるカギ。

では誰からアドバイスをもらえばいいのか。

家づくりの素人にはわからないところもありますし、やっぱり専門家でなければ気がつかない内容ばかりです。

特に家の構造などについては。

そこは建築士など専門家に相談してみることが、一番のおすすめですね。