床暖房のメンテナンス費用がどれくらいお金が必要なのか

床暖房で快適な暮らしを手に入れるには、それ相応のランニングコストが掛かります。

床暖房を設置するなら、これは本当に肝に銘じておくべきですよ。

では、そんな床暖房のメンテナンス費用に一体どれだけかかるのかというと、およそ10年で5万円程度もかかるんです。

お気付きですか?



床暖房にとてもカネがかかることを…。

何に一番お金がかかるかというと、それは不凍液の交換です。

床暖房には不凍液と呼ばれる液体が使用されていて、これは床暖房のタイプにもよりますが、交換の目安はおよそ10年です。

この不凍液にどうしてこんなにかかるのかというと、交換は絶対ではありませんが、床暖房の性能を維持するためには必須条件なのです。

床暖房の規模やその劣化状況はまちまちですが、床暖の暖かみは年々なくなっていくこてはどうしても避けられません。

だから、設置時と同じような暖かさを取り戻すためには、どうしても不凍液の定期的な交換が必要なのです。

その費用には10年で5万円程度のメンテナンス費用が掛かると考えていたほうがいいでしょうい、

また、床暖房は比較的故障しにくいと思われがちですが、故障してしまうと高額の修理費用が発生することだってあります。

確かに床下にあるから大きな衝撃を受けにくいことが壊れにくい所以かもしれませんが、一度故障してしまうと修理には多額の費用が必要です。

その額は少なく見積もっても30万円以上、規模・故障状況によっては100万円を超えることもあります。

では、床暖房が故障する最も多い原因は何だと思いますか?

実は床暖房が故障する原因の多くは、設置時のトラブルにあると言われています。

きちんと設置された床暖房は、10年以内に故障することなんて絶対ありませんし、床暖房を設置してすぐに故障したら、それは間違いなく設置業者側の問題なのです。

やはり信頼できる業者を選定したいものですよね。

これらが床暖房を設置したことで発生する費用面のデメリットです。

どうですか?

ここで紹介した金額を合計していくと、かなりのコストになりますよね。

設置した後に後悔しないためにも、発生コストを踏まえたライフプランを想定しておく必要があるんじゃないでしょうか。