床暖房が人体に与える恐ろしい悪影響とは

続いて、床暖房が人体に与える悪影響について説明します。

実は、床暖房が人体へ与える影響こそが最もお伝えしたい内容なのですが、それを知ってもらう前に、まずは積水ハウスの床暖房と全館標準装備している一条工務店の床暖房について、その違いをお話ししておく必要があります。

なぜなら、あえて一条工務店と積水ハウスの床暖房を比較し、積水ハウスの床暖房がコストパォーマンスがあまり高くない点を知ってもらう必要があるからです。

積水ハウスの床暖房はコストパフォーマンスが間違いなく低い。



積水ハウスシャーウッドの家を建てておきながら、コストパフォーマンス力が「低い」と言い切るのは、あまり良くないことかもしれませんが、私がこのように感じてしまう要因は次の2つにあります。

1つは床暖房を使用する期間が短いから感じることですが、床暖房を使用するのは1年を通じて、よっぽど寒くない限り1月と2月の2ヶ月間のみ。

しかし、積水ハウスの場合、床暖房単独で部屋を暖めることは難しいので、エアコンと併用して使用することが標準的です。

おそらく西日本に住まわれている方々にとって、床暖房が必要なほど冷え込む時期って、一年間で考えると予想以上に短いんですよね。

積水ハウスで家を建てたのに「床暖房を導入しなけりゃ良かったんじゃ…。」なんて言われてしまいそうですが、先にも述べたように、家が建った後に床暖房を設置するとなると、非常に費用と手間がかかってしまうのです。

後悔しないためにも、床暖房を新築時に設置することが一番ベストな方法なんです。




そして、実際に床暖房を使用して気付いてしまったことがあります。

それは床暖房が「すぐには温まらない」ということや「電気代が高い」ということでした。

だからどうしてもエアコンとの併用が必要になります。

高い初期費用や電気代を支払ったとしても、こういった床暖房の特質を考慮するどうしてもサポートとしての暖房器具、という位置付けになってしまうのです。

このような理由から、床暖房単独のコストパフォーマンスは低いと感じるわけです。

もう1つ床暖房には大きなデメリットがあります。

それはどんな床暖房でもおこりうることで、床暖房に限ったことではありませんが、低温やけどの問題です。

ヒーターなどにも言えることですが、赤ちゃんや小さいお子さんがいる家庭では、低温やけどをしないように注意する必要があるのです。

一般的に、ヒーターは危険であるという認識はありますよね。

でも、床暖房が危険であるという認識はほとんどないと思います。

赤ちゃんは寝ていても起きていても、身体が床の近くに密着しています。

当然、直接床に寝かせることはありませんが、気が付いたら床に移動していることだってるわけです。

赤ちゃんは体感温度が大人も赤ちゃんもほぼ同じですが、床暖房は床に近い位置で過ごす赤ちゃんの方が暑くなってしまいます。

大人はあまり暑いと感じていない場合でも、床暖房に体が直接触れている赤ちゃんは、親が知らないうちに低温やけどや冬場の汗疹などになってしまう恐れがあるのです。

これは本当に危険なことで、赤ちゃんがいる家庭での床暖房の使用はくれぐれも注意する必要があります。

これまで、床暖房のデメリットをお話してきましたが、もう1つ知っていただきたいことがあります。



それは床下にカビが生えてしまうこと。

床暖房で部屋を暖めることで当然ながら外気温と温度差が発生します。

床裏にしっかりとした断熱処理が施されていないと床下にカビが発生してしまうんですよ。

特に、床暖房の上に布団を敷いて寝てしまうと、カビが発生しやすい環境を作ってしまいますから、注意が必要です。

それに床下のカビは家自体に大きなダメージを与えてしまいます。

床暖房による床下のカビ発生問題は、意外と多く、決して少ないものではありません。

床暖設置の際には必ず断熱処理をしておきましょう。