住宅展示所へ住まいづくりのヒントを見つけに行こう!

モデルハウスって聞くと、どうかなって考えますよね。
バリバリの営業マンに住所とか、希望の家とか、しつこく迫られるんじゃないか…、
なんて思ってしまいます。

でも最近はそんなモデルハウスなんてほとんどありませんし、
気軽に訪れることができちゃうんです。

まずはどんなモデルハウスがあるのかをwebサイトで調べてみてください。

自宅の近くや住み替えたいエリアの近くにあるかチェックです。

もし希望している住まい方や、気になる設備、
お好みのインテリアスタイル等があれば、
それが見られる展示場の情報をwebサイトで得ることができます。

一度、情報をチェックしてみてはいかがですか?

そうすると何がいいかって言うと、
これから建てようとする家づくりのイメージが具体的に描きやすくなるんですよね。

そこで皆さんにお教えしたい、積水ハウス住宅展示場のモデルハウスを見る前に、
事前にチェックスすべきポイント3つをお教えします。

ポイント1 当日の準備
総合住宅展示場はとっても広大な敷地にあるんです。
だからできるだけ歩きやすく、そして身軽な服装が便利です。

会場が分かれているところもあり、
歩きやすくない格好で行ってしまうと、かえって後悔してしまいますよ。

持ち物として以外と役立つものがあります。
それはメジャー(巻尺)。

あとはカタログやパンフレット等を持ち帰るためのバッグや袋があるととっても便利。

ポイント2 到着して、まずやること
展示場に着いたら、まずはセンターハウスへ行って下さい。

案内図やパンフレットなど展示場全体の情報が揃っていますので、
いろいろなモデルハウスを見たいときに便利です。

ちなみに、小さいお子様がいるなら、授乳室やオムツ替えスペース、
休憩できるスペースがセンターハウスにあるので上手に活用してください。

ポイント3 モデルハウスの特徴を見つけよう
モデルハウスにはいろんな特徴があります。

外壁、外観デザインやインテリア、その空間の広がりや天井の高さ、
質感、扉の開閉のしやすさなどなど、

開放感の感じや、どれだけくつろげるのか、廊下や階段の移動のしやすさ、
そういった感覚はなかなか写真だけじゃわからないものです。

モデルハウスのメリットは「体感できる」ということ。
これが一番のメリット。


実際に建てる家がモデルハウスのようになるわけじゃありませんが、
モデルハウスには家づくりに必要ないろんなアイデアが詰まっています。

3つのポイントどうですか?

モデルハウスなんてまだ早い…なんて思っていませんでしたか?
いいえ、ぜんぜん早くないんです。

むしろ早めに家づくりの感覚を養っておくことの方が大切ですし、
実際に観ることで、暮らしやすさのヒントも必ず見えてきます。

ぜひご参考にしてくだ大ね。