多くに人がまだ知らない、大手ハウスメーカーの本当のメリットって何?

大手ハウスメーカーのメリットって何?

地元の工務店と比べてどんなメリットがあるの?

誰もがそう思いますよね。


家の値段はけっこうかかるし、だからこそ少しでも安く、いい家が建てられるなら、どこのハウスメーカーでもそんなに変わらないんじゃないか…って考えてしまいます。

でも、現実はそう簡単なものじゃない。
安かろう良かろうと行かないのが現実。

ハウスメーカー選びは単純なことじゃないんです。
とても大切なことです。

大手ハウスメーカーにはいろんなメリットがあるし、地元工務店で家を建てることにも地元ならではのオススメなメリットがあるわけです。

そのことを理解して会社を選ばなくちゃいけねい。

こういうことは、普段、家づくりを経験しないとわからないようなことばかり。

少しづつ勉強していくことが寛容です。

では、どうやって勉強していくのか。

まずはその原点、家を建てる方法について探っていきましょう。

家を建てる方法には3つあります。

1つ目は積水ハウスや大和ハウス、ヘーベルハウス、住友林業といった大手ハウスメーカーで建てる方法。

2つ目は地元の工務店で建てる方法。

3つ目は建築会社(設計事務所)に依頼する方法です。

それぞれ、メリットとデメリットがあります。



どれが最も適しているのか、それは家を建てる人によって様々。

テレビCMを見ると、住宅展示場にモデルハウスを建てている大手のハウスメーカーで家を建てるメリットばかりが目立ちます。

だけど、地元工務店に注文する場合の方がハウスメーカーで家を建てる場合よりも独自のメリットが生まれることもある。

大手ハウスメーカーで家を建てる、その大きなメリットとは一体何か。

①知名度が高くブランド力があること

宣伝を多く打ち出しているため、ブランド力が際立っています。

そのことでお客さんから安心や理解を得られていることが1つの要因です。

②豊富なパンフレット・カタログで出来上がりの家がイメージしやすい

家のかたち(イメージ)がわかりやすいので、お客いとって具体的な提案や指摘をハウスメーカー側に言いやすい。

言い換えればお客の要望を伝えやすい、ということ。

③引き渡し後の長期保証・アフターメンテナンスが充実している

これがハウスメーカーの一番の魅力じゃないでしょうか。

④品質管理と施工管理が高く、注文から完成までの期間が短い

家づくりの施工の管理は高く、安心して任せられます。

だけど、地元工務店だとそうはいきません。

⑤豊富なプランとデザイン

家づくりは間取りづくりです。

その間取りづくりの提案力は、ハウスメーカーのノウハウでもあり、お客さんの多さ、施工実績の多さによって育まれるもの。

当然、ハウスメーカーのほうが断然に間取りの提案力があります。

そして、耐震技術、制震技術、免震技術など目に見えない最新の技術が採用されています。

ハウスメーカーで家を建てる。

このメリットを次は少し詳しくご紹介しますね。