子供部屋でのルールを作ることが子育て住宅のコツです

子供部屋はいつ頃必要なのでしょうか?

積水ハウスシャーウッドで2階建ての間取りを検討をしている時、2階には当然のことのように子供部屋が間取りの中に組み込まれています。

子供が自分の部屋を持つ時って、親は少し寂しい気もしますよね。

でも子供部屋を与えるのは当然の流れ?
なのかもしれません。

最近では、子供部屋を与えると引きこもってしまい家族関係に良くならないのでは…
という考えで、2階をオープンな間取りにするプランもあるようです。

そんな間取りづくりになる気持ちも、親とすればわからなくもないのです。

でも子供にしっかりとした子供部屋を与えてあげることは、逆に親とすればそこから学ぶことも数多くあるのではないでしょうか?

私はそう思います。

なぜなら自分の部屋の片付けや掃除をきちんと子供にさせることで、自立心が養われます。

そう考えると子供が自分の部屋を欲しいと思う気持ち、これは当然のことなのです。

その際に考えることは、個室の部屋を与えるのがいいのか、それとも兄弟姉妹が一緒の部屋なのかということです。

一緒の部屋にすると、自分達の部屋を管理して、その中でリーダーシップや協調性を学ぶことも多いのでいいとか、個室だと子供の人数分の部屋を用意し上げたい、そう思うのが普通です。

どちらが正しいのか?

私が間取りづくりを検討している時、思ったこと、それはどちらでもいいんじゃないかということです。

子供部屋を与えるか与えないかで子供が正直になったり、道を踏み外したりする…

それほど子育て単純じゃない。

そう気付いたんです。

大切なのは、子供に「親の家の一部を子供に使わせてあげてる…」という認識を意識させること。

このことが大切なのです。

貸している部屋なのだから、きちんとルールを守るということを約束する、これが大事なんです。

このようにルールを課すことで、親と子供に信頼関係がきちんと維持できるようになるわけです。

つまり、そこには子供部屋が必要だとか、兄弟姉妹が一緒の部屋でもいいとかの話にならないのです。