憧れの新築一戸建てを積水ハウスで建てたい!

積水ハウスには鉄筋と木造シャーウッドがありますよね。

新築一戸建ての予算って一体どれくらいなのか?


でもみなさん。

予算を決める際に忘れがちな費用があることをご存知ですか?

それは住宅を購入する際に必要な手続き費用のこと。

つまり諸経費です。

意外と知られてませんが、建築予算だけじゃなく、住宅購入には諸経費など住宅にかかる税金などが意外とたくさん必要なのです。

一戸建ては物件価格だけじゃなく、手続きに必要な諸経費も必要です。

この費用が意外とかかることをご存知ですか?

物件費用にもよりますが、諸費用は物件価格の概ね4%が必要になる。

その内訳はこうです。

所有権移転登記、契約時の印紙代、所有権保存登記、抵当権設定登記、火災保険、住宅ローン契約時の手数料、ローン契約書の印紙代などさまざま。

また、住宅にかかる税金だけでも、不動産取得税、固定資産税、印紙税、登録免許税、場所によっては都市計画税のほか、親族からの資金供与の場合は贈与税もかかるんですよ。

問題なのは建て替えの場合です。

立て替え時には、建築期間中の仮住まい費用がかかりますし、引越し費用は仮住まいへの引越と新居への引越で2重に必要です。

このような諸経費をちゃんと念頭に置いて住宅購入の予算を検討すべきなんですよ。

そうすると住宅ローンをいくら借りられるのかがだんだんと分かってくるもの。

つまり検討すべきは、結論的に「住宅ローンをいくら借りられるのか…」ということなんです。

これで新築一戸建ての予算がおおよそ決まるわけです。

その際に便利なツールが、インターネット上の住宅ローンシュミレーション。

この住宅ローンシュミレーションは、新築一戸建てを住宅購入する際に、年収、月々の支払い、ボーナスの支払い、頭金、借入年数などの入力で、ある程度シュミレーションしできる優れもの…

このようなツールを使用することで、おおまかな新築一戸建ての予算をある程度把握出来きるんですよ。