あくまで目安でしかない坪単価を上手に活用するには…

坪単価という表現は、あくまで「その商品のモデルプランの費用」、「すでに建てられた住宅の坪当たりの費用」を表すもの…
今から家づくりをするのであれば、そんな割り切りが必要だと思います。

なぜなら、坪単価という金額はいろいろな要素でとても変わっていく金額だからです。

ですから、新聞チラシの広告に誇張されているような想定価格や想定床面積から算出されている坪単価からでは、今から建てようとする新築一戸建ての家の正確な価格を把握することはできません。

極端な言い方をすれば、タマホームが「坪単価35万円」と書かれていても、積水ハウスシャーウッドのプランと比較してどちらが高いのか安いのか…

そのことを判断することができないことと同じです。

ただし、同じハウスメーカー内のシリーズであれば、坪単価を目安として役立てることはできます。
積水ハウスであれば、軽量鉄骨の商品ラインナップにある「ビー・サイエ」や「ビー エコルド」のシリーズや木造シャーウッドでは「ザ・グラヴィス」「縁の家」「里楽」「パーソナルオーダーメイド」などです。

同じハウスメーカーで設備や仕様、デザインの異なるシリーズで住宅を展開している場合、坪単価50万円よりも坪単価30万円の方が当然安い商品になりますから…。

また、坪単価の計算の仕方によって金額が変動することを理解していれば、これから建てようとしたり購入しようとする積水ハウスシャーウッドの坪単価がどれくらいなのか、およその見当をつけることができると思います。

見方によって便利な坪単価でも、正確な費用を出すためのものではないことを理解しておく必要があると思います。
あくまで目安をつけるための道具として、上手に活用しましょう。