木造シャーウッド造と軽量鉄骨造では、一体どっちの建物寿命が長い?

積水ハウスシャーウッドの木造シャーウッドと軽量鉄骨造では、一体どっちの建物寿命が長いのか?
このての話はいろいろな比較が書かれています。

家は30年経つと建て替えの時期になる…
そんなことをよく言われますが、積水ハウスの木造シャーウッドと軽量鉄骨はどうなのでしょうか。

これから家づくりをしようとハウスメーカーや工務店選びをしている方々にとって、この話題はとても興味ある内容ではないでしょうか。

まず、積水ハウスの軽量鉄骨の寿命ですが、軽量鉄骨自体が20〜30年が寿命だと一般的には言われています。

たった、20~30年?

ひょっとしたらそう思う人もいるかもしれません。

通常、住宅やアパートなどのそれほど規模の大きくない建物に使用される軽量鉄骨の柱の厚みは4mm程度です。

鉄ですから錆びないように防錆加工が施されているものの、放っておいても年間で0.01〜0.02mmは錆びてしまいます。

これが軽量鉄骨の劣化というものですが、この劣化現象を放置しておくと、鉄骨の構造部分のどんどん減ってしまい、最悪の場合は建物の強度に問題が出てくると言われているのです。

鉄骨構造の10%が錆びてしまうと強度自体が保てなくなると言われていますから、その錆を考慮すると単純に計算して20年〜40年で強度に問題が出てくるというわけです。

もし、積水ハウスの軽量鉄骨造が海辺に建てられていたり、昼夜の気温差が激しかったり、湿気の多いところだったりと、建物にとってはより過酷な環境条件ですから、もっと速く錆びてしまうことも考えられます。

このように考えると何のメンテナンスも無しに建物の寿命を延ばすことはとっても難しいいのです。

軽量鉄骨自体が例えば100年経過しても残っていることは十分に実現可能なことですが、やはりそのためにはしっかりとしたメンテナンスが必要なわけです。

一方で、木造シャーウッドの寿命はどうでしょうか?

大人気の投稿