家を2,3年後に購入したいなら、今からして欲しいオススメなこと

いつかは家を買いたい…。

そんな漠然とした思いはあるものの、その一歩が踏み出せないでいる人が多い。

なぜそんな人が多いのか、その理由は簡単。
家を買う準備をしていないから。

家を買いたいなら、早めの準備をしておくと!
これは家づくりでとても重要です。

でも、いざ行動に移すとしても何をしておけばいいのでしょう?

ここでは2,3年後を目処に家を買おう・建てようと考えている方に、今からでもすぐにしてほしいオススメなことを紹介します。



まずは考えておきたい家族の将来のこと。

将来、暮らしたい家のイメージは、たとえ家族でも考え方はバラバラ。

だから家づくりの一番のポイントは「どんな暮らしをしたいのか。」です。

とにかく話し合うこと。

「友だちを呼びたい、家でホームパーティーをしたい」「家事をしやすい間取りがいい」など、家族の希望をリストアップしてみてください。

みんなが満足できる家のカタチを探って下さい。

とことん話し合っておけば、家づくりや家探しが本当にスムーズにいきます。

家族の意見がまとまらない…。

そんな最初によくある問題を避けることができますから。

家を建てた・買った人の体験談や失敗談を聞いてみる

友人や同僚など、マイホーム購入の先輩に話を聞いてみることは、とても参考になります。

家づくりの失敗談など、自分たちだけでは気づけない、家選び・家探しのポイントをインターネットや身近な購入者から聞くことは、とてもいいチャンスだと思って下さい。

どれだけ住宅ローン返済にまわせるのか

まずやっておきたいのは「家計状況」を把握すること。

毎月いくら入って、どんな出費がいくらあるのか、住宅ローン返済にいくらまわせるか。

これが見えてこないから、家づくりのスタートをなかなか切れない人がたくさんいるそう。

現在の家賃や駐車場代などの出費を把握すると、その中で住宅ローン返済にいくらまわせるかが見えてきます。

また、貯金額もチェック。

家の購入に使える頭金がいくら貯まっているか、これからどれくらい増やせそうかは、資金計画を立てるうえで重要なこと。

買えるのはいくらの家かをチェック!

家の購入や家づくりの費用は頭金と住宅ローンの借り入れでまかなうのが一般的。

つまり、買える家の価格は、用意できる頭金と住宅ローン借入額の合計額で決まります。

頭金は、手元にある貯金から、今後必要になる教育資金や家族の入院などの万が一のためのお金をマイナスしておくことが目安。

住宅ローンの借入額は毎月返済額や返済期間、金利などで違ってくるので、銀行や住宅金融支援機構のフラット35でシミュレーションページしてみるといいですよ。




頭金を貯めよう。

頭金は、家づくりまでに現金で支払うもの。

家づくりや購入にかかる費用をすべて住宅ローンでまかなう方法もありますが、これは損です。

頭金があれば、その分、借入額が減り毎月返済額を減らせますし、返済期間も短くすることができますし、頭金が多いと金利も低くなりことも。

このように頭金を支払うことには多くのメリットがあるので、頭金はぜひ用意しておいてください。

頭金を貯めるためのコツは、ボーナスを貯金に回すこと。

今から毎月一定額を地道に積み立ててることもできますが、時間がかかります。

また、頭金を増やすために、親から資金援助を受けるのもひとつの手段。

頭金を集めるためにあらゆる手段を考えておきましょう。

家づくりや家の購入を2年後に考えているなら、今からでも遅くはありません。
早めの準備をオススメします。