ローコスト住宅は本当に快適な住まいを実現出来るのか?

最近、「ローコスト住宅」が流行ですよね。

ローコスト住宅はその名の通り比較的安い予算で建てることができる、そんな一戸建て。

そんなローコスト住宅を少しひもといて紹介します。

実は、この「ローコスト」という比較的安い価格で戸建て住宅を建てよう!

このような最近の傾向が、新築一戸建ての動向としてあるんですよ。

でもどうなのでしょうか。

そこで、分かりやすく「衣食住」っていう観点から住みやすい住居、いわゆるローコスト住宅を考えてみます。

まず「衣」から考えると、暑さ寒さだけで衣を満足する人なんてあまりいませんよね。

そこにはある程度お金を意識して「オシャレ」を楽しむ考え方もあります。

つまりお金を出して高価なブランド品をまとうだけじゃない。

たとえローコストでも、間取りなどのアイデア次第でいくらでもオシャレは可能だということが言えますよね。

「食」については、単なる栄養補給だけじゃ物足りない。

やはり食の楽しみは、美味しいものをたべること…

そこに安さが加わればそれなりに満足なんです。

このような考え方は、ローコスト住宅の傾向を捉えているような気がします。

最後に「住」です。

「住」は、コストだけを重視して雨風さえしのげればそれで満足という人はまずいませんよね。

快適かつ安心して暮らせることが、家としての最低必要条件です。

費用を安く抑えたいと思う一方で、間取りや住宅設備などが満足いかない家を建ててしまうと、せっかくの住まいが台無しです。

確かにローコストでも間取りの工夫などで住みやすい家はたくさんありますが…

でも、ローコスト住宅で本当に快適な暮らしが送れるのでしょうか。

積水ハウスシャーウッドのように高価な家が快適だとはかぎりませんが、暮らしとは住宅だけで成り立つものではない…

個人的にはそんな気がします。

ローコスト住宅は、本当に快適なものは品質が高い。

でもローコスト住宅は、ローコストで買い手に負担をかけないことが望ましいので、快適で高品質でありながら、いろんな間取りとかのアイデアを駆使することで、安く抑えた一戸建ても実現出来るわけです…