ローコスト住宅が可能になる理由はシンプルな間取り

ローコスト住宅で欠かせないのが品質の問題ですよね。

ローコスト住宅という言葉から「あまり品質の高くない一戸建て?」いうイメージをどうしても持ってしまいます。

そのイメージは安い建築費用で建てた家です。

なぜだかわかりますか?

ローコスト住宅と呼ばれる住宅の中には、欠陥住宅が後を絶たないことも残念ながら現実としてあるからです。

積水ハウスシャーウッドは違うと思うのですが…

でも最近のローコスト住宅はどうやら違うらしいのです。

利益優先で手抜き工事をした欠陥住宅とは違い、ローコスト住宅は建築費用のかからない高品質な住宅という一面もあります。

もちろん、ローコストで住宅を建てるにはいくつか理由があるのでしょうが…

間取りづくりやキッチン、トイレ、洗面台、無垢フローリングなど…

自分の家に取り入れたいものには、言い出せばキリがありませんよね。

我が家が建てた積水ハウスシャーウッドだと、価格面ではローコスト住宅にはとうてい叶わない…

でも我が家の場合、積水ハウスシャーウッドの設計担当者にいろんな間取りの要望を叶えてもらっている分、当然費用も増大するのが当然なのです。

思うに、ローコスト住宅を建てるためには、ライフスタイルを明確かつシンプルにすることが大切だと思います。

間取りづくりを冷静に考えると、間取りって本当にシンプルになるからなのです。

そうすると設計や構造も自ずとシンプルになり、それだけでも費用は抑えられる。

ローコスト住宅は、そんなシンプルでしかもライフスタイルが最適化できる間取りなのだと思います。